MENU

EP879A,EP-879AW・AB・AW・EP808A

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。

EP-879AとEP-808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

 

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

 

 

EP-879AとEP-808Aのちがいって?

 

 

EP879AW/AB/ARは、2015年モデルのEP808AW/AB/ARの後継機種、
2016年秋の新モデルである。エプソンが発表したモデルの中ではひときわ目立つ存在だ。

 

 

従来モデルにも型落ちして価格が安いというメリットがあるので、新旧両モデルのちがいについてレビューしてみたい。

 

 

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

※2015年モデルのEP808AW/AB/AR。

EP-808Aの解説(以前の記事)はこちら

 

 

EP879AとEP808Aの主なちがいは3つ!

 

新開発CMYインクを採用

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

 

これまでは80・80Lの6色インクを採用するモデルが基本であったが、というよりビジネスモデルを除くエプソンのプリンターは80(80L)という6色インクを採用していた。
EP-879Aに関しては、そこから一段階進歩した新開発インクが採用となった。

 

 

従来の80インクから、ライトシアンとライトマゼンタの採用によって、空と肌色の色域をアップして素晴らしいニュアンス表現が可能となっていた。
EP-879Aのインクは、そのメリットを踏襲しながら、グリーン系統のニュアンスをより豊かに表現できるようになった。

 

特に自然風景の写真が好きな方には、うれしいお知らせ。緑の記憶をあざやかに蘇らせてくれるのがこの新採用のインクシステムなのだ。

 

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

 

 

さらに「写真オートファインEX!」という画像補正機能が付き、人物の顔を自動判別、自然は肌色に修整、風景写真によく映り込むシャドウ部も判別、自然なニュアンスに修整してくれるすぐれ機能も。

 

 

 

美しいフォルムをまとう

 

角の丸いスクエアなフォルムをまとう。EP-808Aよりもさらに小型化(奥行きが1o、横幅が41oコンパクトサイズに)するとともに、インテリアになじむデザインとなった。カラーバリエーションは3色から選択できる。てかてかの派手なものでなく、つや消しのマットなカラーだ。実はEP808Aでも写真で見るより実物はいっそうコンパクトな印象なのだが、それがいっそうコンパクトにおしゃれ化した模様。

 

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

 

 

廃インクタンクが独立した

 

プリンター内部には実はインクの掃き溜めが存在する。ヘッドクリーニングを行なうと、そこに使い古されたインクがたまっていくことで用紙のかすれが生じたりする、
満タンになるとメーカーに修理を頼むほかない。

 

廃インクタンクとはプリンターにつきまとう呪縛なのだ。それを清掃可能にすることで、プリンターを末永く使える期待ができる。
これでEP-879Aの平均寿命は明らかにアップするだろう。プリンターの買い替え需要がおさえられるので、メーカーとしては勇気ある決断だったのかもしれない。

 

EP879AとEP808Aのちがいは?【3つの違いまとめ】

 

 

交換費用は1000円程度になる。

 

EPSONメンテナンスボックス EPMB1 EP-879AW/AB/AR用の詳細はこちら

 

 

 

まとめ

EP-879Aは、従来のプリンターでは満足できなかったより美しい写真を期待する人に向いているし、一新されたデザインにピンときてマイルームに飾りたいと思った人、ミニプリンター並みのコンパクトさを求める人、なによりもプリンター本体を長く使いたい人におすすめだ。2016年秋モデルではエプソンより5機種が発表されたが、最も評価の高いのがEP-879Aだ。廃インクタンクの点も勇気ある決断だったと思う。

 

 

著者からはEP-879Aがいちばんのおすすめだ。

 

 

プリンターの動作音も周波をコントロールすることでやかましさを軽減する配慮もされているので、音が気になる人にもおすすめなニューモデル。価格はオープンプライス、Amazonでは、9月18日現在2万9505円である。

 

 

 

 

EP-879AWはこちら

 

 

 

EP-879ABはこちら

 

 

 

 

EP-879ARはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

EP-879AW/AB/AR
発売日 2016年秋

EP879A,EP-879AW・AB・AW・EP808A

用紙 L判〜A4
インク 6色独立 すべて染料インク

新開発インク採用 型番…KUI(クマノミ)

印刷スピード(L判写真) 約13秒
印刷コスト(L判写真) 約20.6円(増量版使用時/用紙込)

約26.5円(通常版使用時/用紙込)

解像度・画質 5,760×1,440dpi
対応OS Windows  Mac OS X
ネットワーク対応 無線・有線LAN
コピー
ファクス・ADF ×
スキャナ
パネル 2.7型 タッチ方式
自動両面印刷
スマホ・タブレットからのプリント
NFC
BD/DVD/CDレーベル印刷
メモリーカード
給紙 3way方式

前面2段+背面 
A4…100枚
はがき…60枚

本体サイズ(横幅×奥行×高さ) 349×340×142o
本体重さ 約6.7s
本体カラー W(白)/B(黒)/R(赤)
価格 オープンプライス 参考価格3万円程度

 

 

関連ページ

EP-979A3
カラリオEP-979A3とEP-978A3のちがいが何なのか、エプソンの公式ページ見ていてもわからなかったんですけど、やっとちがいが見つかりました。
EP-709A
EP709A(EP-709A)は2016年9月にリニューアル発売されたニューモデル。昨年のEP708Aとのちがいは? 購入検討の目安となる2つのちがいをまとめてみました。
PX-049A
カラリオPX-049Aと、PX-048Aとのちがいは何? 書類に強いっていうのは同じなんだけど…。エプソンのHP見てもわからないので調べてみました。
このページの先頭へ