カラリオPX437A 4色顔料インクの最上位モデル! スマホプリントも

カラリオPX437A|スマホプリント対応の4色最上位モデル

 

カラリオPX437Aは、4色インクシステム対応のカラリオPXシリーズの最上位モデルに位置する。

 

 

カラリオPXシリーズは写真に強いカラリオEPシリーズに対し、書類に強いシリーズで、PX437Aを頂点にPX047A/PX045Aの三種類がラインナップされている。
テキスト印刷に優れているのは、4色とも顔料インクを採用しているため。

 

 

最近は、エプソンでもキヤノンでも、6色ハイブリッド・インクシステムが主流なので、
カラープリント派でない人にとってはプリンター選択の幅が狭くなっている。書類のみを目当てとする場合、4色モデルで事足りるし、年賀状や暑中見舞いのイラスト、証明写真を印刷する程度ならやはり4色で十分なのだ。

 

カラリオPX437A|スマホプリント対応の4色最上位モデル

 

 

6色と4色で差が出るのは、カラー写真の場合なのだ。

 

 

エプソンの6色インク エプソンの4色インク

染料インク(6色共)

 

→カラープリントには強いが、書類(文字)はくっきりしない。

顔料インク

 

書類(文字)がくっきり、カラープリントでは6色インクほどのニュアンスは出ない。だが、証明写真や年賀状のイラストには必要十分。

 

 

 

カラリオPX437A|スマホプリント対応の4色最上位モデル

 

 

まとめ

カラー写真は(あまり)印刷しない方やレポート・ビジネス書類が中心の方にはPX-437Aが合っている! PX-437Aは数少ない、4色タイプの家庭用モデル。

 

PX-437Aの最安値は?

発売が2014年で、すでに2年が経過したため、2016年11月現在では、新品で2万円と少しになる。まだ後継モデルが発売されていないため、書類系のモデルとして現役活躍中である。

 

 

 

 

PX-437Aのインクは?

「IC69」という数字がインクカートリッジの型番になる。純正品なら砂時計のマークが付いているので、別名を砂時計インクという。互換インクだと、上記の69という数字で他モデルのインクと間違えないようにしたい。Lは、黒のインクには増量版と通常版があり、増量版のタイプを表す。

 

商品には、4色セットと単品各色がある。4色セットで黒が増量版なら型番が「IC4CL69」となるわけだ。

 

 

>>PX-437Aの純正インク(IC4CL69)はこちら<<

 

 

 

 

>>PX-437Aの互換インク(IC4CL69)はこちら<<

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。