MENU

エプソン,プリンター,EP978A3,EP-978A3

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。

カラリオEP978A3|コレって購入に値するの!?

カラリオEP978A3|コレって購入に値するの!?

 

2015年9月にエプソンの秋冬モデルが発売された。
その筆頭に挙げられるのが、EP-978A3。このモデルはEP-977A3の後継機種に当たる。

 

 

旧モデル・EP-977A3のウリはコンパクトサイズでありながらA3プリントができる点にあった。

 

 

それで、新モデルでは何がパワーアップしたのか? と質問を受けた場合、
正直な話をすると、声に力を込めておすすめできるポイントは一つだけなのだ

 

 

 

カラリオEP978A3|コレって購入に値するの!?

前面のチルトパネルも健在。ただし、これは旧モデルから踏襲されたものだ

 

 

 

 

EP988A3
※エプソン公式HPより

 

 

旧モデル・EP-977A3に様々な機能と、通常サイズのプリンターでありながらA3印刷を可能にしたサプライズを詰め込んでしまったあげく、今年は、そこからさらに発展したモデルを作るのが、メーカーサイドの事情として難しかったのだと思われる。

 

 

エプソン,プリンター,EP978A3,EP-978A3

インクもEP977A3より変更なし。今回は写真アプリの改良で表現力・快適性の向上を追求した模様

 

 

 

 

 

際立った変更点は1点のみ

 

エプソン,プリンター,EP978A3,EP-978A3

 

 

EP-977A3の従来の機能に加えて、新規で追加された機能は本体の全面パネルにスマホをタッチすれば、自動でプリントが始まるというもの。いわゆるNFCという機能だ。

 

 

おそらくはキヤノンのMGシリーズの上位モデルに従来から備わっていた機能なので、それを意識しての新規採用と思われる。ちなみにキヤノンは「PIXUS touch」という独自のネーミングだ。

 

 

 

NFCは印刷速度アップに寄与

 

L判写真の印刷スピードは、各社でおおむね15秒前後。(EP-978A3は約13秒と速め)印刷スピードは速ければ速いでよかろうが、その数値のみの単純比較と、実際の使い勝手は必ずしも同じとは限らない。印刷が始まるまでの過程も考慮するなら、このNFCがあったほうが、断然スピーディなのだ。「NFC付いただけじゃん」とあなどることはできないのかもしれない。

 

 

カラリオEP978A3|コレって購入に値するの!?

前面のチルトパネルの右側にNFCポートを装備。この一点は評価できるか

 

 

A3印刷したい人は新旧のどちらかで

 

EP-978A3では、A3は旧モデルと同じく背面トレイに1枚のみセットできる。同梱のソフト使用でA3スキャン・コピーが行なえる。

 

A3対応するのはカラリオEPシリーズの中では、EP977-A3と、その後継機種であるEP978-A3のみだ。その他対応するモデルは、PXシリーズなどの業務用モデルだ。家庭用モデルでは、このモデルしか対応していない。強いてもう一機種挙げるとすれば、ワンランク上のハイスペック・モデルになるが、EP-10VAもA3に対応する。これですべてだ。

 

 

 

 

 

EP-978A3
カラリオEP978A3|コレって購入に値するの!?
用紙 L判〜A3
インク 6色独立 すべて染料インク
印刷スピード 約13秒
インク・用紙合計コスト 大容量(80L番インク)使用:約19.9円(税別)  通常(80番インク)使用:約25.5円(税別)
解像度・画質 5,760×1,440dpi
対応OS Windows  Mac OS X
ネットワーク対応 無線・有線LAN
ファクス・ADF ×
スキャナ
タッチパネル 4.3型 フリック操作が可能
自動両面印刷
スマホプリント
Wi-Fi・自動電源ON
BR/DVD/CDレーベルプリント
発売日 2015年秋
価格 オープンプライス 参考価格3万8858円

 

 

 

本体前面のデザインの洗練やパネルの操作感、写真アプリの強化など、細かな相違はあるにはあるが、目立った変更点は上述のようにたった一点のみなので、購入するに値するかはこの一点を中心に考えるとよい。

 

 

NFC不要なら旧モデルを

 

A3のポスターやチラシを楽しめればそれで十分!って方は、本体価格が数千円程度安い旧モデル・EP-977A3を買うという手もアリだ。新モデルは、2015年11月15日(日)現在、Amazonでは3万38225円。旧モデルは2万9160円。NFC不要の人は旧モデルを選択してもよいだろう。

 

 

今は新モデルのほうが安い!

 

ところが、2016年3月30日(水)現在では、新モデルは2万0789円まで値崩れ、旧モデルは、メーカー製造打ち切りで在庫が残り少なく2万4000円で、新モデルより高くなっているので、迷わず新モデルを購入するのがよい。

 

 

 

 

EP-978A3の購入はこちら>>

 

 

 

 

EP-978A3 インク対応表
   80番インクカートリッジ(標準)IC6CL80    80L番インクカートリッジ(大容量)IC6CL80L

エプソン,プリンター,EP978A3,EP-978A3

エプソン,プリンター,EP978A3,EP-978A3

L判写真一枚につき25.5円

L判写真一枚につき19.9円

価格…3500円前後

価格…6500〜7000円

Amazonで購入

Amazonで購入

楽天で購入

楽天で購入

 

 

おすすめ互換インク購入>>

 

 

 

 

 

このページを見た人はこんな記事も読んでます

 

EP978A3

2015年9月にエプソンの秋冬モデルが発売された。その筆頭に挙げられるのが、EP-978A3。このモデルはEP-977A3の後継機種に当たる。旧モデル・EP-977A3のウリはコン...

EP808A

2015年の秋冬モデルとして発表されたEP808Aなのだが、一年前の2014秋冬モデル・EP807Aとまったくといってよいほど同じモデルである。インクスペックや画質も同じ、本体が3...

EP-708A,EP708A,カラリオ,レビュー,インク

EP708Aは、EP707Aの後継機種だ。この系統の特徴は、本体価格が1万円以内で、カラープリントは最上位モデルと同等である、というものだ。本体価格が安いのは、付属品(USBケーブ...

EP10VA

EP10VAはカラリオシリーズでは、新開発6色染料インクにより、過去最高の画質を実現した2015年秋に発売された最新モデルだ。現在、この新開発インクを搭載しているのは、カラリオシリ...

 

関連ページ

EP-808A
2015秋に発売されたEP808A(W/B/H)って、EP807(W/B/H)と同じではないか?って疑惑が広がっています。。
EP-708A
EP708A(EP-708A)は操作性はいまいちだが、本体価格は8千円程度の激安。6色インク採用でカラープリントやレーベルは、フラッグシップ機と同等の華やかな仕上がりだ。
EP-10VA
エプソンプリンター・複合機を使い倒す個人事業主がメーカーを突撃取材! 本体価格は高いが,EP10VAはおそらくカラリオ最強画質であろう。鉄道マニアが絶賛する訳は?
このページの先頭へ