MENU

EP710A|EP810Aとのちがいは何?【驚愕の3つの違い】

EP710A|EP810Aとのちがいは何?【驚愕の3つの違い】(2018年4月16日更新)EP710Aの上位モデルであるEP810Aとのちがいにしぼって述べてみます。結論から言えば、両モデルのちがいは、外見とパネルと印刷スピードの3つです。エプソンもキヤノンもいろいろなユーザー層を想定して、本体にスペックの差をつけ、フラッグシップ/上位/中位/下位と徐々にスペックと値段を下げていきますが、最近ではモデル間のスペック差異がほとんどない場合が増えています。ちがい@ 外見の差EP-810AEP-710A上記の通り、どちらのモデルも従来型の本体デザインです。このあたりは好みの問題と言えます。エプソンの...

» 続きを読む

EP810A|EP880Aとの違いは?【3つのちがいまとめ】

EP810A(EP-810A)はEP880Aとどこがちがうの? 購入前に必ずチェックしておくべきポイントは3つ。本体デザインと対応インクとパネルです。(2018年4月8日更新)EP-810Aの互換インク(ITH-6CL互換)ちがいその@ 本体のデザインEP880Aは、全体的に丸みを帯びたインテリアに溶け込むデザインとなっています。またサイズもかなり小型です。それに対してEP810Aも小型のすっきりしたデザインではあるのですが、EP880Aほどは洗練されていません。実用スペックとは無関係な外見ですが、EP880Aの前モデルであるEP879Aの発表時にデザイン賞を受賞した代物なので、購入時に検討す...

» 続きを読む

EP880A|EP879Aとの違いは?【ただ1つのちがい】

(2018年4月16日更新)2017年の秋にEP880Aが発売されました。EP879Aの後継モデルにあたりますが、スペックはほぼ変わっていないようです。エプソンホームページでスペック表を比べてみましたが、ちがいは外見のある一つの特徴で、タッチパネルの大きさです。EP-880AEP-879A4.3型(タッチ方式)2.7型(タッチ方式)ちがいは、EP880Aのほうが、タッチパネルのサイズが大きくなった、という一点に集約されるわけです。昨年の目玉で、デザイン賞まで受賞したあったコンパクトボディはそのまま継続され、インクスペックはまったく同一。唯一のちがいはタッチパネルの大きさのみなのです。強いて違い...

» 続きを読む

IC6CL50とIC6CL70|2つのインクのちがいって!?

IC6CL50,IC6CL70,ちがい
IC6CL50とIC6CL70という2つのインクのちがいは何!?IC6CL50とIC6CL70両インク共に古いモデルに対応するインクです。いまだにちがいを知らない人がいるので、今さら解説してみました。IC6CL70は、主に4〜5年前のモデルに対応するインク、IC6CL50は、主に7〜9年前のさらに古いモデルに対応するインク。いまだにIC6CL50もIC6CL70も、リアル店舗でもネットショップでも販売されているので、自分の使用しているプリンターの対応インクをしっかり把握し誤って購入することがないようにしたい。それぞれに互換性はないので、古いモデルのインクを新しいモデルで使用できるわけではないの...

» 続きを読む

カラリオEP30VA|EP10VAとのちがいは2つ!

2015年に登場のV-editionに、EP-10VAが発売されてまもなくEP-30VAが登場したので、もうバージョンアップしたのかと思う一方で、そんなはずはなかろうと思っていた。ネット検索してスペック表で見比べるのは味気ないと思ったので、リアル店舗に足を運んで比べてみたところ一目瞭然であった。EP-10VAとのちがいは2つリアル店舗に足を運んでみました。ちがいは明瞭です。横長の幅広のEP-10VAに比べると30VAは幅がそれほどなくコンパクト。むしろコンパクトサイズをウリにしているEP-879Aに近いフォルムであった。で、EP-30VAは10VAをコンパクトサイズにしたもので、最近よくあるメ...

» 続きを読む

IC6CL50の互換インクはある?|【本体まだ使いたい人】

IC6CL50,50インク,互換インク
IC6CL50は、ふうせんのマークが目印。まだヤマダやビックカメラなどの家電量販店でも販売が続けられているのでずいぶん長い間活躍を続けています。6色とも染料インクで、カラー写真を印刷するのに適しているインクです。IC6CL50って?IC6CL50は、2006年10月発売のインク。2016年前後発売の最新モデルが「IC6CL80」インクを使用しているが、それより二世代前のモデルに使用されているインク。通称「50インク」「50番インク」とも言い、ふうせんのマークが目印。「6CL」は6色セットを意味するので、自分のプリンターに対応するかは末尾の数字で確認することになる。もしわかりにくければふうせんを...

» 続きを読む

エプソン純正インク|70番と70L番のちがいって?

エプソン,純正インク,70,70L
IC6CL70(70番インク)とIC6CL70L(70L番インク)のちがいって?「IC6CL70L」と最後に「L」と付いているほうが大容量インクです!「L」が目印70番インク(IC6CL70)も70L番インク(IC6CL70L)も中身はまったく同じで、対応するプリンター機種もまったく同じ。「L」と付くほうはインクタンクが標準サイズより大きめ、インク充填の多い大容量タイプである。大容量がやはりお得!大容量インク使用の場合、一枚当たりの印刷コストが安くなる。標準サイズだと、一枚当たり約26.7円なのに対して、大容量インクを使用する場合約20.8円に。一枚ならほんの数円の違いにすぎないのだが、これを...

» 続きを読む

PX049A|PX048Aと何がちがう?【違い暴露】

PX049A,PX048A,ちがい
カラリオPX-049Aは、PX-048Aと何がちがうの?メーカーのスペック表を比べてみたが、印刷スペック・外見・インクコストなどまったく一緒であった。ちなみにPX-048Aは2016年1月に発売されたばかりのモデルであり、選手交代にはまだ早いモデルである。しかしながら、同年の秋には後継機種に当たるPX-049Aが発売された。後継機種なら、使い勝手やスペックが上がって当然とだれもが考えるかもしれない。技術の上で革新が難しかったりネタ切れであったりしても、デザインを変えるとかインクの発色を良くするとか、何か改善がほどこされているにちがいない。そう信じてスペック表を比べてみたのだが、新モデルで良くな...

» 続きを読む

EP709A|EP708Aとのちがいは?【2つの違いまとめ】

EP-709AとEP-708Aのちがいは何だろう?EP-709Aは、2016年9月発売のカラリオのリニューアルモデルだ。旧モデル・EP-708Aからの変更点なのだが、どうも変更点が見えづらいので、購入検討されている方に簡単レビューしておきたい。(ちなみにEP-708Aは2016年1月発売のモデルで型落ちとするには時期的に早いのだが…)ちがいは明瞭だ。EP-709Aと708Aのちがいは2つです!ちがいはたった2つ主な違いはインクの変更従来の80番インクからITHインク(通称イチョウインク)に変更された。ただし、インク変更で表現力がどう向上したのかはメーカーから非公表なのでカスタマーセンターに要確...

» 続きを読む

EP979A3とEP978A3のちがいって…!?【極秘】

EP979A3とEP978A3のちがいって?
EP-979A3とEP-978A3のちがいについて語らなければならないEP-979A3は2016年9月に発売の新機種である。前モデルはEP-978A3という型で、A3用紙が印刷できるのがうたい文句であった。その前はEP-977A3という型があり、A3用紙を背面トレイから一枚手差しで、気軽に印刷が可能になった初代モデルである。小型サイズでありながらA3が印刷できるのは魅力だが、実は2代重ねてもあまり進歩がないのだ。下の図を見てくださいね。EP-977A3(2014)↓・・・・・・NFCが搭載されたEP-978A3(2015)↓・・・・・パソコンなしでも(プリンター側のみの設定で)A3印刷が可能に...

» 続きを読む

エプソン,プリンター,評価,比較

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。
このページの先頭へ