MENU

EP709A,EP-709A,EP708A,ちがい

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。

EP709A|EP708Aとのちがいは?【2つの違いまとめ】

EP709A,EP-709A,EP708A,ちがい

 

 

EP-709AとEP-708Aのちがいは何だろう?

 

 

EP-709Aは、2016年9月発売のカラリオのリニューアルモデルだ。
旧モデル・EP-708Aからの変更点なのだが、どうも変更点が見えづらいので、購入検討されている方に簡単レビューしておきたい。
(ちなみにEP-708Aは2016年1月発売のモデルで型落ちとするには時期的に早いのだが…)

 

ちがいは明瞭だ

 

 

 

 

 

ちがいはたった2つ

 

主な違いはインクの変更

 

従来の80番インクからITHインク(通称イチョウインク)に変更された。ただし、インク変更で表現力がどう向上したのかはメーカーから非公表なのでカスタマーセンターに要確認である。

 

 

 

 

ITHイチョウインク

 

ITHインクの詳細はこちら>>

 

 

それに伴う印刷コスト

 

とはいえ、新開発インクでカラープリントをきれいにするための代償といってはなんだが、
印刷コストが若干はね上がる。イチョウインクでは26.5円のコスト。EP-708Aでは、大容量インク(80番Lインク)を使えば20.6円までコストを下げることができた。

 

 

どちらもL判写真を一枚印刷するのをベースとした時のコストだが、
EP-709Aの新インクには大容量タイプがないので、上記のコスト差は大容量タイプが使えないことからの差ではないだろうか。

 

大容量タイプがないことは、ユーザーにお得感がないことを意味する。

 

 

もっとも、現実的な使用感を考えるとちょびちょび印刷する人にとっては
このコスト差は実感できないかもしれないが。

 

 

一方で、大量印刷する人にとっては100枚印刷する頃には約590円の差がでるので、結構な価格差になる。(EP-709Aのほうが高い)どちらもL判写真をベースとした時に予想される使用感だ。

 

 

いずれの場合もカラー写真をプリントするときはある程度のインク減りは覚悟のうえで使用してほしい。インク減りが激しいのは近年の各社プリンターの傾向だからだ。

 

 

  EP-709A EP-708A
外観

 

対応インク

ITH(イチョウ)インク
※大容量インク…非対応

80番インク
※大容量インク…対応(80Lを使用可)

 

印刷コスト 約26.5円 ※大容量使用不可 約20.6円 ※大容量使用時
発売日 2016年9月 2016年1月

 

 

 

EP709A,EP-709A,EP708A,ちがい

 

 

それで、EP-709AとEP-708Aのどちらがいいの?

新開発インクのセールスポイントがエプソン公式HPでも不透明である。目玉的な要素はないと考えられる。ならば、本体価格が安いEP-708Aがよいだろう。後者は2016年10月9日(日)現在では1万円。EP-709Aより4千円程度安く買える。

 

EP-708Aがおすすめなのは、本体価格だけではない。
同モデルでは互換インクがすでに発売済みなのでインク費用までおさえられる。純正ベースで比較しても708Aのほうが安い。

 

 

EP-709Aだと互換インク未発売のため新発売の純正インク(イチョウインク)しか使えない。印刷コストがかさむだろう。

 

 

 

EP709A,EP-709A,EP708A,ちがい>>EP-708Aならすでに互換インクが発売済み<<

 

 

 

 

 

 

 

EP-708Aの過去記事はこちら

 

 

 

関連ページ

EP-979A3
カラリオEP-979A3とEP-978A3のちがいが何なのか、エプソンの公式ページ見ていてもわからなかったんですけど、やっとちがいが見つかりました。
EP-879A
EP-879AとEP-808Aのちがいって? 新旧モデルの違いを比較レビューしました。EP-879Aはおすすめモデルと言えるのか?
PX-049A
カラリオPX-049Aと、PX-048Aとのちがいは何? 書類に強いっていうのは同じなんだけど…。エプソンのHP見てもわからないので調べてみました。
このページの先頭へ