エプソン純正インク 80番と80L番のちがいって?

 

エプソン純正インク|80番と80L番のちがいって?

 

 

「L」が目印

 

「L」が付く、大容量インクのほうが、インクのコストパフォーマンスが良い。純正インクは高額であると言われるが、この大容量タイプを使用することで、お得に純正インクのクオリティを楽しむことができる。

 

 

   80番インクカートリッジ(標準)IC6CL80 80L番インクカートリッジ(大容量)IC6CL80L

エプソン,純正インク,80,80L

エプソン,純正インク,80,80L

L判写真一枚につき25.5円

L判写真一枚につき19.9円

価格…3500円前後

価格…6500〜7000円

Amazonで購入

Amazonで購入

楽天で購入

楽天で購入

 

 

 

対応モデルは?

以下の表を参照してほしい。

 

対応モデル

EP977A3/EP978A3/EP979A3/EP807AB/EP807AR/EP807AW

EP808AB/EP808AR/EP808AW/EP907F/EP777A/EP707A/EP708A

 

 

colorioのEPから始まるモデル(比較的最近のモデル…2014〜17年)なら、下記の80番インクが対応する。目印は「とうもろこし」だ。
ただし、EP10VAだけは、さらにグレードの高い純正インクを使用しているため、80番は非対応である。PXシリーズも非対応だ。

 

 

エプソン,純正インク,80,80L

エプソンの6色ハイブリッド・インクシステムは圧倒的な美しさ

 

 

たくさんカラープリントしたい人は、大容量80番Lインクカートリッジがおすすめ。
商品番号の中の「L」を確認してから購入してほしい。

 

 

 

 

インクコストをさらに下げたい場合は?

 

よりインクコストを下げたいという方は、インクのチップスから発売されている互換インクを使用すると良い。IC6CL80Lベースで比較すると、純正の約1/3〜4の価格で済む。

 

画質はほとんど変わらないので、L判写真の印刷枚数が多い方には、互換タイプでも良いだろう。逆に、印刷枚数が少なく、とっておきの一枚にこだわる場合は、純正品と分けて使うのも賢く上手な使い方と言えよう。

 

 

 

 

 

IC6CL80Lの互換インク

 

 

おすすめ互換インク購入

 

 

 

 

 

 

このページを見た人はこんな記事も読んでます

 

エプソン,プリンター,インク

インクはブラック・イエロー・シアン(青系統)・マゼンタ(赤系統)の基本4カラーが基本。これらのインク...

エプソン,プリンター,インク,減り,消費,早い

エプソンプリンターのインク消費はヤバいと思います。サイト管理人がPX-1700Fで検証!サイト管理人...

エプソン,プリンター,互換インク,コスパ

エプソンに嫌気がさして、キヤノンかブラザーあたりに乗り換えるとしよう。結論から述べるなら、他のどのメ...

エプソン,純正インク,80,80L

「L」が目印「L」が付く、大容量インクのほうが、インクのコストパフォーマンスが良い。純正インクは高額...

エプソン,純正インク,70,70L

IC6CL70(70番インク)とIC6CL70L(70L番インク)のちがいって?「IC6CL70L」...

IC6CL50,50インク,互換インク

IC6CL50は、ふうせんのマークが目印。まだヤマダやビックカメラなどの家電量販店でも販売が続けられ...

IC6CL50,IC6CL70,ちがい

IC6CL50とIC6CL70という2つのインクのちがいは何!?IC6CL50とIC6CL70両イン...

 

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。