MENU

エプソン純正インク|70番と70L番のちがいって?

エプソン純正インク|70番と70L番のちがいって?

 

エプソン純正インク|70番と70L番のちがいって?

 

 

IC6CL70(70番インク)とIC6CL70L(70L番インク)のちがいって?

 

 

 

「IC6CL70L」と最後に「L」と付いているほうが大容量インクです!


 

 

 

「L」が目印

70番インク(IC6CL70)70L番インク(IC6CL70L)も中身はまったく同じで、対応するプリンター機種もまったく同じ。「L」と付くほうはインクタンクが標準サイズより大きめ、インク充填の多い大容量タイプである。

 

 

 

 

 

大容量がやはりお得!

大容量インク使用の場合、一枚当たりの印刷コストが安くなる

 

 

標準サイズだと、一枚当たり約26.7円なのに対して、大容量インクを使用する場合約20.8円に。

 

 

一枚ならほんの数円の違いにすぎないのだが、これを100枚、200枚…と印刷するとなると500円、1000円と差が生じるのだ。

 

 

厳密な計算をすると、一枚当たりおよそ5.9円の差が生じることからL判写真100枚印刷する場合およそ590円のコスト差、200枚で1180円のコスト差が生じることになる。

 

 

大量印刷する機会が多いユーザーであるほど大容量インクの使用がお得感が高まるわけだ。

 

 

   70番インクカートリッジ(標準)IC6CL70 70L番インクカートリッジ(大容量)IC6CL70L

エプソン,純正インク,70,70L

エプソン,純正インク,70,70L

L判写真一枚につき26.7円

L判写真一枚につき20.8円

価格…3500円程度

価格…5000円程度

Amazonで購入

Amazonで購入

楽天で購入

楽天で購入

 

 

 

70番・70L番インクの対応モデルは?

2012〜13年のやや古めのモデル、三〜四世代前のモデルが70番インクに対応している。70番インクの発売日は2012年9月なので、同年かその翌年発売の「EP」を冠するモデルに多く採用されている。

 

 

対応モデル

EP-306/EP-706A/EP-775A/EP-775AW/EP-776A/EP-805A/EP-805AR/EP-805AW/EP-806AB/EP-806AR/EP-806AW/EP-905A/EP-905F/EP-906F/EP-976A3

 

 

互換インクでさらにお得に!

さらにコストを下げたい場合は、エプソン以外の他社互換インクを使用するとよいだろう。

 

 

大容量インクが6本セットで5000円程度、チップスの互換インクはわずか1000円である。純正に引けをとらない印刷クオリティなので、大量印刷したい場合に重宝する。

 

 

エプソン,純正インク,70,70L

 

Aが純正、Bが互換インクとのこと。(チップスHPより)

 

 

 

 

純正の大容量よりさらにコストを下げたい方は互換インクがさらにコスパ感が良いですよ。


 

 

IC6CL70Lの互換インク

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上からあくまで純正の範囲でコストを下げたいなら、エプソンから出ている「70L」番の大容量を、特に純正にこだわりなくコストを極限までお得に下げたいなら、チップスの互換インクを使用してほしい。

 

 

 

 

このページを見た人はこんな記事も読んでます

 

エプソン,プリンター,インク

インクはブラック・イエロー・シアン(青系統)・マゼンタ(赤系統)の基本4カラーが基本。これらのインクを混ぜ合わせることで、理論上はあらゆる色を表現できる。ところが4色だけでは十分に...

エプソン,プリンター,インク,減り,消費,早い

エプソンプリンターのインク消費はヤバいと思います。サイト管理人がPX-1700Fで検証!サイト管理人はPX-1700Fを新規導入したのだが、何とB4を100枚程度モノクロ印刷した段...

エプソン,プリンター,互換インク,コスパ

エプソンに嫌気がさして、キヤノンかブラザーあたりに乗り換えるとしよう。結論から述べるなら、他のどのメーカーに乗り換えてもやはりインクの減りは早いのである。他社インクジェットプリンタ...

エプソン,純正インク,80,80L

「L」が目印「L」が付く、大容量インクのほうが、インクのコストパフォーマンスが良い。純正インクは高額であると言われるが、この大容量タイプを使用することで、お得に純正インクのクオリテ...

エプソン,純正インク,70,70L

IC6CL70(70番インク)とIC6CL70L(70L番インク)のちがいって?「IC6CL70L」と最後に「L」と付いているほうが大容量インクです!「L」が目印70番インク(IC...

IC6CL50,50インク,互換インク

IC6CL50は、ふうせんのマークが目印。まだヤマダやビックカメラなどの家電量販店でも販売が続けられているのでずいぶん長い間活躍を続けています。6色とも染料インクで、カラー写真を印...

IC6CL50,IC6CL70,ちがい

IC6CL50とIC6CL70という2つのインクのちがいは何!?IC6CL50とIC6CL70両インク共に古いモデルに対応するインクです。いまだにちがいを知らない人がいるので、今さ...

関連ページ

6色インクシステム
エプソンプリンター・複合機を徹底評価比較レビューします。プリンターを使い倒す個人事業主がメーカーを突撃取材! このコーナーではインクに関する諸々を解説しています。
インク消費のレポート
プリンターを使い倒す個人事業主がメーカーを突撃取材! このコーナーではインクの減りを何とかし、コスパを劇的にアップさせる安全な方法を解説しています。
お得な互換インク
エプソンプリンター・複合機を徹底評価比較レビューします。プリンターを使い倒す個人事業主がメーカーを突撃取材! このコーナーでは互換インクに関する諸々を解説しています。注意点もアリ!
純正インク|とうもろこし
このコーナーではエプソン純正インク「80番」(IC6CL80)と「80L番」(IC6CL80L)のちがいについて解説しています。
純正インク|ふうせん
IC6CL50(50インク)は古めのモデルに対応するインクですが、おすすめの互換インクはまだ発売されてるか調べてみました。エプソンの旧来モデルをまだ使いたい方に朗報かもしれません。
純正インク|50インクと70インク
IC6CL50インクとIC6CL70/IC6CL70Lインクのちがいがややこしいので、いまさらですがまとめてみました。

エプソン,純正インク,70,70L

エプソンプリンター評価.comに訪問ありがとうございます。
このページの先頭へ